愛嬌から人気のペット飼育

パグ

飼育できるか否か

まずは、リスクを知ることがペットを飼育する者には言え、例えば、パグは小型犬として人気の犬種です。短頭犬とも言われ、鼻や喉の形が独特で、呼吸や食事が困難で、改善させるためには外科手術も必要となるケースもあります。寿命に関しては15歳程度となるため、お子様とペットとの関係では生命の大切さも話し合うことが大事です。パグは短毛でブラッシングや抜け毛による掃除など、飼育の手間が少ない犬種です。アプリコットやフォーンなどの毛色も人気で、パグに限ってではないものの、短毛で小型なので寒さや暑さに弱い体質です。室内犬として、また、気候風土も関係するため、両極端に気温差が生じる環境下には慣れず、外での飼育には不向きです。性格は落ち着いており、比較的飼育しやすいと評価されていますが、裏腹となる嫉妬心が強く現れます。頑固でプライドが高く、ワガママな一面から、1家に1匹飼育が適していると言われているほどです。ですので、すでにペットを飼育している場合には犬種選びから考え直すことも重要です。知能はあまり高い方ではないため、お子様との遊び相手には適していますが、ワガママな性格上、付きっきりになれる時間を取れるライフスタイルであることも大事です。体調管理では大食漢で太りすぎるケース、顔のシワの雑菌による皮膚疾患など、衛生管理にも注意が必要です。マメな手入れを必要とする成長期も迎えるため、選ぶ際にはパグの飼育まで考えることが大事です。